利尿作用には注意しましょう

アルコール同様、カフェインにも利尿作用があります。

お酒を飲んだら水を飲むのと同じように、コーヒーを飲んだら必ずコップ1杯の水を飲む。

これを習慣化してください。カフェインの利尿作用を無視してコーヒーばかり飲んでしまうと、出て行く水分が多くなり、気づかないうちにかくれ脱水に陥ってしまいます。

コーヒーと水をセットで飲んでおくと、口臭予防にもなります。

1日に必要な水分量として私は3ℓを推奨していますが、次の図の計算式を活用すれば、今の自分にはどれだけの水が必要なのか、より正確に把握することができます。

また、1日を通して実際にどのくらいの水分が出たり入ったりしているのかを数値化した表も用意してみました。

私たちの体は常に代謝を繰り返し、水を体外へ排出したり取り込んだりしながら、よどまないようにつくられています。

水分摂取を上手に行うことは、健康増進や老化予防につながります。

どうぞこれを機に、普段の水分補給を見直してみてください。