水を飲んでベストなコンディションを保ちましょう

いったいどれくらいの水を飲んだら、ベストなコンディションを保てるのでしょうか?

私は、「水は1日3ℓ」を推奨・実践しています。

こう断言すると、「え、そんなに?」と驚かれることが多いのですが、私は、長年患者さんを診てきた経験から、よいコンディションを保つためにはこれくらいの水分摂取が必要だと考えています。

水は常に体内を循環し、一瞬一瞬、失われています。

のどが渇いたと感じてからでは、すでにかくれ脱水に陥っている可能性が高いので、そうなる前にこまめに飲むことを習慣づけることが大切です。

3ℓも飲める気がしない。最初はそう思うかもしれませんが、1回あたりに飲む量はたったのコップ1杯(200)です

例えば、朝起きて1杯、家を出る前に1杯、会社に着いたら1杯、ブレイクタイムに1杯、ランチ前に1杯……というように、1日を通してこまめに飲む習慣をつければ、3ℓなんて意外に楽勝です

ただし、次に挙げるもの(天然水や水道水といった「真水」以外の飲み物)には注意が必要です。

利尿作用で脱水気味に傾いたり、糖分の過剰摂取になることがあります。

・コーヒーや緑茶などのカフェイン飲料
・砂糖などの糖質やカロリーなどを含む清涼飲料水
・ビールなどのアルコール飲料

メインで飲みたいのは「真水」です。

それ以外での水分補給は、内容もしっかり考えて選んでください。

いつでも気軽に飲めるよう、会社のロッカーや自分のデスク下に2ℓペットボトルを常備しておいてもいいでしょう。

とにかく習慣づけることがポイントですから、ぜひいろいろと工夫してみてください。

とくに、寝る前、起きた後の1杯は欠かさないようにしましょう。

寝ている間は汗や呼気などでコップ1杯以上の水分を失うと言われます。

血圧が下がって血液がゆっくりと流れるため、水分不足で脱水していると血液がドロドロになって血管が詰まりやすく、心筋梗塞や脳梗塞を誘発します。