コーヒーと空腹感について

コーヒーを飲むと、空腹感が落ち着くような感覚になったことはないでしょうか?

これは気のせいではありません。

コーヒーに含まれるカフェインの働きで交感神経が抑制され、空腹感の軽減と食欲の抑制が起こるためです。

集中して仕事に取り組んでいるとき、お腹が空きにくかったり食事を摂るのを忘れてしまったりするのも同じ原理です。

また、カフェイン摂取後は、少し時間はかかりますが、血中の遊離脂肪酸(非エステル化脂肪酸で、エネルギー源のひとつ)の濃度が高まり、血液中の栄養分が増えます。

これも、空腹の抑制に働いてくれます。

無理に食事を我慢する必要はありませんが、食べ過ぎが気になる人は、食事中、コーヒーを味わって飲んでください。

余分なカロリー摂取が抑えられるだけでなく、食べられないイライラも緩和することができるでしょう。

ダイエットサポート作用のほか、コーヒーに含まれるクロロゲン酸には、多くの健康サポート作用があることが分かり始めています

・抗酸化作用
・糖尿病の予防
・老化抑制作用
・コレステロールを抑制
・血糖値の上昇を抑制
・糖分の吸収を遅らせる

ただし、コーヒーならばどれもクロロゲン酸が多分に含まれているかというと、それは違います。

コーヒー豆の煎り方や挽き方によって差が出てくるのです。

クロロゲン酸の恩恵を最大限に受けたいならば、浅煎りがおすすめ。

「ライトロースト」や「シナモンロースト」と呼ばれる辺りがよいでしょう。

また、挽き方は中挽き。

中挽きはバランスよく成分が抽出できるとされている挽き方だからです。

コーヒーは煎り方・挽き方ひとつで味も香りも働きも変わってきます。

その時の自分に合わせた煎り方・挽き方を組み合わせてカスタマイズしてください。