アイスコーヒーとホットコーヒーはどっちがリフレッシュできる?

ホットコーヒーとアイスコーヒー。

仕事の合間、リフレッシュしたいときに飲むのなら、私は断然、ホットコーヒーをおすすめします。

それは、コーヒーの持つ「アロマ効果」を存分に享受することができるからです。

温かいコーヒーから漂ってくる、あの何とも心地のよい香り……。

嗅ぐと、どこか心が落ち着いていく感じがしませんか?

あれは決して気のせいではありません。

コーヒーの香りには、心を落ち着かせ、全身をリラックスさせる働きがあるのです。

飲み物は、温めることで香り成分の揮発性が高まり、香りが立ちます。

ですから、忙しくてイライラしているとき、ストレスフルな状態のときには、アイスよりホットコーヒーを選ぶのが得策です。

コーヒーの香りで高ぶった気持ちや頭をいったんリフレッシュできるだけでなく、カフェインの持つ覚醒作用で次の作業にまた集中できます

もちろん、そのときの気分や気温で選ぶのも間違いではありません。

アイスコーヒーは火照った体を冷やし、ホットコーヒーは冷えた体を温めてくれるでしょう。

ただ、リラックスしたいという目的を優先するならたとえ夏でも温かさを重視すべきということです。